エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復

エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復



エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復ブログ:160322


ママが外国語を喋ることができれば絶対にしないのに、
ママが外国語を喋れないとやり出すものに、
息子への外国語教育がある。

ママが外国語をきちんと喋れると、
いかに母国語を正確に喋れるかを非常に大事にするので、
息子の頃に外国語を教えたりしない。

母国語さえきちんと喋ることができれば、
その後の人生で外国語など簡単に学べてしまうからだ。

しかし外国語を喋れないママはこのことが解らず、
母国語もままならない幼児に
外国語を覚えさせようとしてしまうのである。

しかもその愚かなママたちをターゲットにした
外国語の学習塾が存在するので、いい餌食になってしまう。

そのため必死になって我が息子に外国語を学ばせてしまい、
そのくせ外国語を
きちんと喋ることができないという現実に直面してしまうのである。

母国語がきちんと喋れるからこそ、
外国語をきちんと喋れるようになれるのであって、
母国語の理解度が低ければ、外国語の理解度も低くなってしまう。

だから幼児期には外国語など学ばせず、
母国語だけに限定して教え込んでしまった方が、
その息子の脳のためには非常に正しい選択となるのである。

そもそも息子というのは、
自分から外国語を習いたいなどと決して言い出さない。

ママの意思によって
息子は外国語を学ばされるに過ぎないのだ。

ママが外国語を喋れないのなら、
無理矢理に我が息子に勉強させるのではなく、
自分が自宅で外国語の勉強でもしていればいいのである。

自分がきちんと外国語を喋れるようになったら、
息子に外国語を教えようなどという考えは変わってしまうものだ。

エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復

エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション