日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。
レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。

 

 





免許合宿はこちら
URL:http://www.menkyo-designer.com/
免許合宿について


日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。ブログ:170625

内臓脂肪は健康を害するリスクを高めますが、
有酸素体操を行うことで、皮下脂肪に比べると、
脂肪が素早く落ちるというメリットがあります。

しかし、有酸素体操は、
身体を引き締める筋肉は付きにくいという特徴もあるので、
減量のためには、
筋肉を鍛える無酸素体操を行う必要もあるのです。

有酸素体操と、無酸素体操を組み合わせることによって、
筋肉の量が増えることで内臓脂肪を落とし、
皮下脂肪も燃焼しやすい身体を作ることができます。

筋肉が付くことで、身体は引き締まりますので、
アンチエイジングを考えた減量が実現できるんですね。

有酸素体操で代表的なのは
ウォーキング、水泳、ジョギング、サイクリングですが、
どの有酸素体操でも、きちんと呼吸を行って、
リラックスしながら行うのが良いみたいです。

呼吸を行うというのは、
ウォーキングやジョギングでも
会話ができるスピードをキープするという意味です。
会話を楽しみながら…というのが理想的なんですね。

無酸素体操は、
体操器具や短時間で素早く走るランニングが良いのですが、
高い体操器具をわざわざ購入する必要はありません。

ダンベルを使って、
ひとつひとつの筋肉を
じっくり鍛えるだけでも十分に効果がありますよ。

ただし、身体に無理をさせないくらいに設定した、
重さのダンベルから始めるようにするのが大切です。

女性の場合は1キロくらいかでも十分に効果がありますので、
慣れてきたら少しずつ重さを増やすようにすると良いでしょう。

有酸素体操と、無酸素体操を組み合わせて、
理想の身体作りを目指しましょう!


ホーム サイトマップ